Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C306] 誰かいたな

確かはんた君も同様の特技をお持ちで。
よし、なのはキャラ総バニーガール計画だ♪

明るい話はいいの~。
一部笑えない人がいるかもだが(笑)
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ぎるばと?
  • URL
  • 編集

[C307] 戦闘力77か・・・

小学生ぐらいだと女子の成長は男子よりも早いので気にすべきではないが、無視できないのが女の子。こと体重については男では永劫理解できない領域。
スカウター装備済み縁による各キャラの戦闘力の解析も聴いてみたい。
短編も好物ですが本編も待ってますよ~。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : オサフネ
  • URL
  • 編集

[C308] ヘルシー(hell sew)

昔から身長はコンプレックスだけど体重は気にしてないなあ。食が細いせいか、普段52kg位だし。女性が体重を気にするのはようわからん。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : ミヅキ
  • URL
  • 編集

[C309] コメントありがとうございマウス

〇ぎるばと?さん
 同様に最低な特技を……バニーガール、バニーガールか……
 本編然り、なのは嬢にとっては笑えない。

〇オサフネさん
 体重云々はクロガネも理解できませんが、それを気にしている女の子って微笑ましいなと思うのですよ。
 戦闘力の解析はなのは嬢によって禁止されております。

〇ミヅキさん
 それでも気にしてしまうのが 「女の子」 な訳ですよ。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : クロガネ
  • URL
  • 編集

[C405]

ワタシが同学年のころはそれすらも無かったよ・・・orz
  • 2008-12-30
  • 投稿者 : みもも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurogane951.blog78.fc2.com/tb.php/67-b142cc30
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法の使えない魔法使いの魔法 短編その2 「戦慄の特技」

 とりあえず前回とは毛色の違うジャンルを落として様子観察を決めるクロガネ。
 クドイ注意としては 『魔法の使えない魔法使いの魔法』 本編とはパラレルな世界と思ってください。
 それがOKな方のみ ↓ からどうぞ。




 その日、アリサ・バニングスは絶望の淵に立たされていた。
 登校時には既にテンションが最低値を下回っている状況で、漫画的表現ならば口から出て来ちゃいけないようなスピリチア的な何かがはみ出していて、弐号機ならば起動しませんとオペレーターが叫んでいる状態だった。
 授業中は真面目に授業を受けているかと思いきや、突如として頭痛に見舞われたかの如く頭を抱え、陸に打ち上げられて酸欠で死にそうな鯛の如く奇妙奇怪な唸り声をあげながらかなり独創的な創作ダンスを披露し出す。
 休み時間は深い深い日本の誇る新型深海艇でも水圧で潰れるくらいに深い溜息と共に席を立ち、声をかけようとした縁より早く教室を飛び出し、何故かグラウンドの400mトラックを鬼の形相で全力疾走。汗だくだくな状態で授業を受ける。
 まあ、見る限り、アリサは変だった。







「アンスが変な状態になってしまった」
「ほほう、縁ちゃんが言う事を省略すると、アリサちゃんが変態になってしまったと言うんやな」
「へぇ―――縁、良い度胸してるじゃないの」
「ま、待つんだアンス、私はそういう意――ぐふっ、あ、アンス、食事中に腹部への打撃は危険ではないか――ぐぶっ」
 昼休み。
 流石にアリサの状態を案じた縁は、屋上で広げたシートの上で握り絞めて潰れているタマゴサンドを落さぬように持ち上げながらも、その身体は正座したままくにゃりと前に倒れていた。
 戦慄するはやて。1歩間違えれば自分は縁と同じ末路を辿るのかと恐怖した。この場合この末路を辿るべきなのは縁ではなくはやての方なのだが。
「でもアリサ、今日は変だよ? どうかしたの?」
 倒れ伏せる縁を気にしながらもフェイトはアリサに言葉をかけた。
 純真な目を向けるフェイトの視線に、アリサはバツが悪そうに視線を逸らす。
「アリサにはいつも助けてもらってるから、何か悩みがあるなら相談に乗らせて?」
「私もアンスには助けてもらってる。何も出来ないかもしれないが、話くらいは聞けるはずだ」
 更に言葉を続けるフェイトに、縁も身体を器用に起こしながらフェイトに続いた。タマゴサンドは既に潰れて、縁の右手はタマゴムースで素的な状態になっている。
 あまりに真剣な2人に、アリサは少しじんっと来た。
 ああ、良い友達だ。
 少しだけ、本当に少しだけ感動のため涙目になったアリサを見て、はやてが一度肯く。
「うし、それじゃあ私は悩むアリサちゃんの為に消化に良い上に吸収も良い、めっさハイカロリーな海老フライを作ってあげたかはぁっ!」
 弁当の蓋がはやての額を直撃した。
「はやて、もう1回言ってみて……口開いた瞬間に前歯へし折って、それで目ン玉突き刺してやるわ」
「んー! んんー!!」
 更に流れるような動きではやての細い首をギリギリと右手で絞めながら、アリサの腹の底から響く怖い声にはやては顔を青くしながら口をしっかり閉じて首を振る。
 やばい、冗談が通じない。
 ふんっ、とアリサが不機嫌に鼻を鳴らしながら手を離し、ようやく開放されたはやては数回咳込んでから涙目をアリサに向ける。

「なんやもぅ……ちょっと肥えたからってアリサちゃん、そームキにならんで良い思うけどな」

「な――っ!?」
「分かり易過ぎやん。なー、なのはちゃん、すずかちゃん」
 ブー垂れたはやての言葉にアリサは一瞬言葉を無くし、それが失態だったと即座に悟って口元を抑えるが時既に遅し。によ~、とはやてが不敵に笑うのが見えた。
 まあ、そうだね、とすずか。
 にゃはははは、となのは。
 2人とも若干顔が赤い。
 それに対してフェイトはきょとんとした表情を見せるが、遅れてアリサが何で悩んでいたのか理解し、同じく顔を赤くした。
「あ……あ、ああ、う、うん、それは、うん、重大だ」
 まあ、それは女の子ならば誰しも悩む事である。
 単にフェイトは元々の食が細い上に、管理局で消費するカロリーが半端ないので体重の事をあまり気に掛けなくてもいい生活を送っているので鈍くなっているだけであり、スタイルが気にならない訳ではない。
 と言うか、フェイトの目にはアリサは別に太く見えない。むしろ出る所は膨らんで、凹むところはしっかり くびれている、そのままグラビアに行ってもおかしくはない体型に見える。
 しかし、それでもアリサは――
「はは……良いのよ、好きなだけ憐れみゃ良いのよ……このところ体重計と格闘しないで怠けてた私が全部悪いのよ……ふふ、そうよ、太って肥えてデブったわよ……このまま行けば将来はぶくぶく太ったダルマの出来あがりになっちゃうのよ、ふふ、ふふふふ……」
 かなり真面目に凹んで鬱っていた。
 がくりとうなだれ、そして暗く笑うアリサにフェイトはかける言葉に迷う。
 何を隠そう、フェイトは生まれてこの方ダイエットなど意識した事はない。むしろ以前は絶望的な痩せ方をしていて、指などは我ながら木の枝じゃなかろうかというくらいに痩せていたのだ。なので、今のアリサのような状況に陥った事はないし、想像も出来ない。
 影を背負って呪いのような言葉をぶつぶつ呟くアリサにフェイトがかける言葉を必死に選んでいると、きょとんとした表情のままの縁が口を開いた。

「別にアンスの身長ならば、31.ろ――」

「きゃぅわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 ずびしーん!!!
 アリサの全力スイングである張り手が縁の後頭部に直撃。縁に7340のダメージ。縁は撃沈した。
「な、なななななな何で縁が知ってるのよ!?」
「う、ぐ……むぅ………ぅ、そ、それ位ならば見て分かるじゃないか」
「分かんないわよ普通!」
「そうだろうか?」
「そうなのよ!」
「でも、140.2cmのアンスの身長に77のバストなど含めれば、むしろアンスは痩せが」
「にゅひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 口は災いの元と言うべきなのか、風を裂くような音を響かせて放たれるアリサの拳は縁の脇腹にめり込み、流石の縁も悲鳴をあげる暇も潰れているタマゴサンドを気遣う暇もなく轟沈、ビニールシートにタマゴサンドが倒れる縁の身体に続いて叩きつけられた。
 縁ちゃん、恐ろしい特技を……と呟くはやて。
 苦笑いをして聞かなかったフリをするしかない フェイトとすずか。
 そしてなのははもうすぐ食べ終わりそうな重箱のような弁当箱を見下ろしながら、冷や汗を顔中に浮かべながら ごくりと唾を呑む。

 ――もしかして私……ヤバい?








 そんなある日の昼下がり。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 本編にもチラッと出てきたけど、縁のある種女性に対して悪夢を植え付ける最低な特技の応用編です。
 甘いのが良かった?
 うん、甘いのにならなかった。と言うか、体重計ネタで甘く出来ないよ……
スポンサーサイト

5件のコメント

[C306] 誰かいたな

確かはんた君も同様の特技をお持ちで。
よし、なのはキャラ総バニーガール計画だ♪

明るい話はいいの~。
一部笑えない人がいるかもだが(笑)
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : ぎるばと?
  • URL
  • 編集

[C307] 戦闘力77か・・・

小学生ぐらいだと女子の成長は男子よりも早いので気にすべきではないが、無視できないのが女の子。こと体重については男では永劫理解できない領域。
スカウター装備済み縁による各キャラの戦闘力の解析も聴いてみたい。
短編も好物ですが本編も待ってますよ~。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : オサフネ
  • URL
  • 編集

[C308] ヘルシー(hell sew)

昔から身長はコンプレックスだけど体重は気にしてないなあ。食が細いせいか、普段52kg位だし。女性が体重を気にするのはようわからん。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : ミヅキ
  • URL
  • 編集

[C309] コメントありがとうございマウス

〇ぎるばと?さん
 同様に最低な特技を……バニーガール、バニーガールか……
 本編然り、なのは嬢にとっては笑えない。

〇オサフネさん
 体重云々はクロガネも理解できませんが、それを気にしている女の子って微笑ましいなと思うのですよ。
 戦闘力の解析はなのは嬢によって禁止されております。

〇ミヅキさん
 それでも気にしてしまうのが 「女の子」 な訳ですよ。
  • 2008-10-11
  • 投稿者 : クロガネ
  • URL
  • 編集

[C405]

ワタシが同学年のころはそれすらも無かったよ・・・orz
  • 2008-12-30
  • 投稿者 : みもも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurogane951.blog78.fc2.com/tb.php/67-b142cc30
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

うぇぶ拍手

拍手になります。コメントもどうぞ。

4/6更新 リリカルなのは、短編と呼ぶべきかネタと呼ぶべきか考えた結果これはクロガネ式妄想劇と呼ぶべきなんじゃないのかなぁという曖昧な結論に落ち着きました、みたいなお礼ありです。

魔法の使えない魔法使いの魔法

注意事項!

プロローグ

第1章 『海鳴 縁という少女』
       
基礎情報 第1章終了時点
第2章 『悩み』
         
基礎情報 第2章終了時点
第3章 『誰が為の剣』
           
基礎情報 第3章終了時点
第4章 『教授』
           
基礎情報 第4章終了時点
第5章 『恋ですか?』
           
基礎情報 第5章終了時点
第6章 『切実な事情、迂闊な発言』
           
基礎情報 第6章終了時点
第7章 『縁と看視者』
           
基礎情報 第7章終了時点
第8章 『その言葉、届かない』
           
基礎情報 第8章終了時点
第9章 『失意』
               
基礎情報 第9章終了時点
第10章 『挫けぬ雷刃』
           
基礎情報 第10章終了時点
第11章 『届け、星の光!』
             
基礎情報 第11章終了時点
第12章 『祝福される騎士と風』
 
第13章 『アリサ・バニングスという少女』
第14章 『そして、日常』


本筋関係ないパラレル短編
           

最近の記事

プロフィール

クロガネ

Author:クロガネ
 鉄と書いてクロガネ。文系の皮を被った理数系。人種差別主義。有神無宗派論者。白衣の天使。瞑想で一日潰したことがある。萌えにも燃えにも反応する。二次元より三次元の方が楽しいと思う。宇宙人未来人超能力者魔法使い等特殊な人間じゃなくて本当に良かったと思っている。変な人といわれる。仲間と言うのはチャレンジャーな人、友人と言うのは変わった人、知人と言うのは普通な人。
 これがクロガネ。
 とりあえずメールはこちら↓
kurogane951@yahoo.co.jp

名言集



presented by 地球の名言

羊が一匹羊が二匹

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。