Entries

スポンサーサイト

魔法の使えない魔法使いの魔法 24

「やあ、おはよう」 休み明け、登校時間。学校前の信号待ちにて、にこーっと笑顔を浮かべて片手を上げながら、至っていつも通りに縁は登場してきた。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 23

 酷い、なんて陳腐な一言じゃ言い表せないくらい、とても酷い、最低最悪な夢を見た。それがどんな夢だったのか詳しく聞かせて、何て言われても、さて、はたしてどんな夢だったのかと首を傾げるくらいあやふやな夢だが、とにかく跳び起きるくらいは嫌な夢だった。 弾かれるように起き上がる。急に起き上がったものだから、貧血のようにふらりと来た。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 22

 視線が恋慈に向いたのを狙い、クロノは素早く縁のソックスを引きずり下ろした。何と思われても言い訳は出来ないが、失われそうな信頼は行動で返すしかない。 狙いは膝の傷。打ち慣れている個所だとの事なので、跡があるらしい。無針注射で残る跡とは、どれだけこの薬を打ち続けていたのやら。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 21

「やめるんだ」 今度はゆっくり、まっすぐ教授を睨むようにしながら、もう一度クロノは言いきった。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 20

「お前が知る必要などない」 ぽかんと見上げる縁の言葉を、女性は――教授は自殺しかけていた青年をぶら下げたまま、冷たい目線と言葉で一蹴した。先の怒鳴りから一転して、感情の読み取る事が出来ない不気味な声であった。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 19

 さて、そうなるだろうとは予想していた事ではあったし、もしも逆の立場で落ち度もなく同じ目に遭ったとするならば、同じような結果になるだろうというのは重々承知していた。本当である。しかし、予想していようと承知していようと、人間というのは実際にその場面に直面すれば、やはり凹むものである。 フェイト・T・ハラオウンは、海鳴 縁に避けられていた。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 18

 海鳴の地に足をつき、あまりに静かな商店街の風景を不思議に思って日本時間に合わせた腕時計に目を落としてから、ユーノ・スクライアはようやく自分のミスに気がついた。 午前7時40分。商店街で店を開いていたのはコンビニくらいであった。...

魔法の使えない魔法使いの魔法 17

「シグナム」「ん……テスタロッサか、どうした?」...

ちゅういじこう

 『魔法の使えない魔法使いの魔法』は、割とハードな話題を題材にしています。 終始に渡りのほほん感を求める方、極度に心臓の弱い方、糖尿病大歓迎なくらい甘い恋愛ストーリーが好きな方、オリキャラというのが大嫌いな方、バトル物が苦手な方、バットエンド大好きな方、推理小説に対してアレルギーをお持ちの方、原作キャラを自分の嫁とか婿とか公言するくらい溺愛している方にはお勧めできません事をご理解頂いた上、用法用量...

魔法の使えない魔法使いの魔法 16

 ほら、と前振りもなく手を差し伸べてきた縁の表情は、もう既ににこーっとした笑顔であった。 それを呆然と見上げながら、間違いなくその笑顔は偽物だとフェイトはようやく確信できた。教室の時も、屋上の時も、全て浮かべていた笑顔は作り笑いに過ぎないのだと、確信できた。...

Appendix

うぇぶ拍手

拍手になります。コメントもどうぞ。

4/6更新 リリカルなのは、短編と呼ぶべきかネタと呼ぶべきか考えた結果これはクロガネ式妄想劇と呼ぶべきなんじゃないのかなぁという曖昧な結論に落ち着きました、みたいなお礼ありです。

魔法の使えない魔法使いの魔法

注意事項!

プロローグ

第1章 『海鳴 縁という少女』
       
基礎情報 第1章終了時点
第2章 『悩み』
         
基礎情報 第2章終了時点
第3章 『誰が為の剣』
           
基礎情報 第3章終了時点
第4章 『教授』
           
基礎情報 第4章終了時点
第5章 『恋ですか?』
           
基礎情報 第5章終了時点
第6章 『切実な事情、迂闊な発言』
           
基礎情報 第6章終了時点
第7章 『縁と看視者』
           
基礎情報 第7章終了時点
第8章 『その言葉、届かない』
           
基礎情報 第8章終了時点
第9章 『失意』
               
基礎情報 第9章終了時点
第10章 『挫けぬ雷刃』
           
基礎情報 第10章終了時点
第11章 『届け、星の光!』
             
基礎情報 第11章終了時点
第12章 『祝福される騎士と風』
 
第13章 『アリサ・バニングスという少女』
第14章 『そして、日常』


本筋関係ないパラレル短編
           

最近の記事

プロフィール

クロガネ

Author:クロガネ
 鉄と書いてクロガネ。文系の皮を被った理数系。人種差別主義。有神無宗派論者。白衣の天使。瞑想で一日潰したことがある。萌えにも燃えにも反応する。二次元より三次元の方が楽しいと思う。宇宙人未来人超能力者魔法使い等特殊な人間じゃなくて本当に良かったと思っている。変な人といわれる。仲間と言うのはチャレンジャーな人、友人と言うのは変わった人、知人と言うのは普通な人。
 これがクロガネ。
 とりあえずメールはこちら↓
kurogane951@yahoo.co.jp

名言集



presented by 地球の名言

羊が一匹羊が二匹

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。